チャンピックスでも禁煙できない人はどうすればいいか

チャンピックスで禁煙ができない人は、治療期間中に我慢できずにタバコを吸ってしまう人でしょう。
一般的に、チャンピックスを使った治療では12週間タバコを我慢する必要があると言われています。
その間に一度でもタバコを吸ってしまったら失敗とみなされます。
チャンピックスを使った禁煙の成功率は高いですが、それは12週間の治療を最後まで受けた人を対象に調査をしているからというのが1つの理由となっているようです。
実際には12週間の治療を途中で辞めてしまったという人もいるので、成功率は公開されているデータよりも下がるでしょう。
チャンピックスを使ってもタバコが辞められないからといって、自分を追いつめるようなことはやめておきましょう。実際には多くの人が失敗をしています。
基本的には、病院でチャンピックスを処方してもらいますが、通販でチャンピックスを手に入れることも可能です。
通販で入手するとコストをかなり節約できるというメリットがあります。また、人に知られずに禁煙をしたいという人も、通販を利用するとよいでしょう。
個人輸入で薬を入手する場合にはしっかりと信頼できる業者を利用することがポイントです。
チャンピックス通販を利用した人は、用量と用法をしっかりと守った上で使用をしましょう。
チャンピックスで失敗をしてしまう人は、主に精神的な部分が影響しているようです。
薬を飲んでいれば禁断症状は抑えられますが、完全に消えるわけではありません。
「イライラする」「吸わないと元気がでない」といった理由で吸ってしまう人もいます。
職場の同僚からすすめられて、つい1本吸ってしまうという人は多いでしょう。
禁煙をするときには職場の人には事情を説明しておくとよいです。
「子どもができたから」「親の介護のために」というように、理由を明確にしておくと職場の人の協力を得やすくなります。
吸いたくなったときに、「ダメだよ」と叱ってくれる人がいると心強いでしょう。

禁煙外来で相談してみるのもおすすめ

タバコが辞められないという人は、医師の診断を受けてみるのが一番です。
過去に失敗をしているという人は、保険が適用されるかどうかが心配になるかもしれません。
「再治療では、初回算定日より1年を超えた日からでないと行えない」という決まりがあるので、保険が適用されるためには1年を待たなくてはなりません。
それまでに再チャレンジしたいという人は、通販でチャンピックスを購入することがおすすめです。
チャンピックスでの治療にはメンタル面が重要になります。
医師や看護婦さんがメンタル面でサポートをしてくれるというのが、病院で治療を受けるメリットの1つです。
それまで一度も治療を受けたことがないという人は、相談をしてみることがおすすめです。
薬による治療だけでなく、運動や食事のバランスなどもアドバイスしてくれることがあります。
初回算定日より1年を経過していない場合には、保険の3割負担が適用されませんので、コストがとても高額になってしまいます。
そのようなときは、インターネット通販でチャンピックスを購入することを検討しましょう。
日本ではチャンピックスを通販で購入することは法律に違反しますので、個人輸入代行という方法を利用することになります。
薬を海外から輸入する手続きを業者に代行してもらうという方法ですが、悪質な業者も存在しているため、しっかりと優良な業者を選んでおきましょう。
優良な業者を見分けるための1つのコツは、創業年数をしっかりと調べることです。
創業年数が長い業者は、それだけの期間顧客を獲得してきたということです。
インターネットの口コミや評判も参考にして、知名度が高く評判があり、歴史がある業者を利用するようにしておけば偽物や粗悪品をつかまされる可能性は減ります。