日本だけじゃない!海外はどの程度禁煙に積極的?

日本では禁煙についてかなり厳しくなってきたと感じる人も多いかもしれません。オリンピックを控えてかなり禁煙に取り組んでいると感じている人も多いかもしれません。
ただ、海外は日本のようなレベルではないところも多いということがあります。もちろん、海外でも国によって禁煙に対する姿勢はいろいろとありますが、概していうと日本よりも厳しいところが多いということになっています。
公共の場でタバコが吸えるようなことはかなり少ないといってもいいでしょう。自動販売機についても規制があるところが多くなっています。
ホテルのようなところでは、まず禁煙が常識といってもいいでしょう。勿論部屋で吸うということも常識ではあり得ないと考えるところが多くなっています。
日本では自動販売機は年齢の制限はありますが、特に大きな規制もありませんし、ホテルの部屋でも灰皿があっても特に驚くこともないでしょう。
公共の場でタバコを吸っている人も普通にいます。ですから、今の日本は世界の常識からするとかなり遅れているということになっています。
ですから、オリンピックの時までになんとか、この遅れている状況を変えていきたいと政府なども考えるようになってきているのです。
タバコは吸っている人だけではなく、受動喫煙という形で吸わない人にまで影響が及ぶと考えられているので、個人の自由というだけで済ますことが出来ないということがあります。
基本的に他人に迷惑をかけないということがマナーですから、タバコを吸うという時点ですでに迷惑をかけているというのが、世界の常識となっています。
これは単に気持ちが悪いとか臭いが嫌というような気分の問題ではなく、健康を損なうという明確に体の害となるものがはっきりとしているので、このような行為をすること自体が常識を問われるということになってきています。
これは世界的な常識であって、日本だけがその動きから取り残されているというのが現状です。

分煙では受動喫煙は防げない

日本でもようやく禁煙ということに対して積極的に取り組み始めたところがありますが、まだまだその姿勢には疑問が付いて回るという状態です。
政府は分煙という形で、喫煙派も納得できる状況を作りたいという意向がかなりあるようですが、分煙では受動喫煙はほとんど防ぐことは出来ないといえます。
何故ならタバコの煙は拡散するからです。分煙で仕切られているのは、単に視界的なところだけです。ほとんどの分煙室は空調設備を介して、他の部屋とつながっています。
すると当然タバコの煙はこの空調設備を介して他の部屋にも届くことになります。中には、空調設備も変更して分煙をするようにしているところもありますが、それでも100%の隔離ということは出来ていないところがほとんどです。
何しろ空気はつながっているわけですから、これを100%分離するということはクリーンルームでも作らない限りは不可能です。となれば、膨大なコストがかかりますから、なかなかそのようなことが出来るところはないのです。
今の政府の姿勢は積極的に禁煙をしたいところだけれども、そのことによって経済的な打撃を受けるようなことは避けたいということが本音ということになるのでしょう。
分煙という中途半端なことでお茶を濁そうとしていることで、このことが分かります。文字道理分煙と禁煙は全く違うものです。
分煙は受動喫煙を無くすことが出来るものではありません。単にタバコを吸いたい人を1か所に集めているだけのものです。
その結果、受動喫煙の影響が少なくなるのではないかと期待しているというぐらいのものです。タバコを吸いたいという人とっては別に分煙であれば、特に嫌がることもありません。
タバコを吸うところを変えるだけのことです。ですが、これでは受動喫煙は防いだことにはなりません。