禁煙するなら電子タバコを始めてみよう

分かっていても止められないのがタバコです。値段が高くなっても、体に悪いと言われていても止められないのです。
その理由は、主にニコチンにあると言えます。ニコチンには依存性があるからです。ニコチンが体内に入ると、脳はドーパミンという快楽物質を出します。
そのため、喫煙することが快楽につながっていると脳が錯覚するのです。本来、ドーパミンはニコチン以外の要因で出されるものですが、ニコチンでないとドーパミンが出ない状態になります。
それが中毒症状なのです。ニコチンが体内から消えそうになるとイライラがつのり、タバコを吸いたくなるのです。
このような状態になるといくらタバコの値段が高くなったとしても、快楽を求めるがゆえにコンビニに買いに走ってしまうのです。
自分の行動がタバコに支配されていることは自分でも分かります。タバコを吸うためにコーヒー缶を買いにコンビニに立ち寄る。
タバコを吸うためにわざわざ喫煙可能な飲食店を選ぶ。喫煙をするために必要のない休憩を取る。これらの行動は喫煙習慣がもたらすものであると考えられます。
このような状況を改善するために禁煙を試みるのです。しかし、禁煙は簡単なものでは無く、ニコチンが体内から消えそうになると快楽物質を求めて脳が煙草を要求するのです。
これが禁断症状です。禁断症状を我慢するとイライラがつのり、何事にも手がつかなくなります。離脱症状を乗り越えてはじめて禁煙が成功するのですが、道は険しいと言えます。
禁煙をするなら電子タバコをはじめてはいかがでしょうか。禁煙しているときに辛いのが煙を吸えないということにもあります。
行動習慣として喫煙があるわけですから、にせものであっても、電子タバコの煙を吸うだけでも満足できます。
また、ニコチンが入っている電子タバコもありますので、禁断症状もやわらぎます。電子タバコは充電式のものが多く、何度も繰り返し使えることができます。
また、煙のほとんどは水蒸気なので、本物のタバコに比べれば有害性は少ないとされています。火を使わない充電式なので、火事のリスクも大幅に減少すると言えるでしょう。

電子タバコにもデメリットはある?

電子タバコは確かに禁煙の最初のステップとして適切かもしれませんが、喫煙の恐ろしいことは精神的依存にもあると言われています。
ニコチンによる身体的依存は、ニコチンが体内から抜けることである程度緩和されますが、今までタバコを吸っていたという行動習慣を変えることは容易ではありません。
いつもの喫煙所でタバコを吸っていた習慣を突如やめてしまうと、精神的に不安に陥ることがあります。
大切な友達を失くすような喪失感にさいなまれるのです。この喪失感を乗り越えなければ本当の禁煙とは言えないでしょう。
電子タバコであっても、「喫煙」していることには変わりが無いのです。手持無沙汰になったときに1本、食後に1本、お酒を飲んで1本。これは精神的に依存している状態と言えるのです。
精神的依存から脱却できないことが大きなデメリットと言えるでしょう。
つぎに、電子タバコによる体への影響はまだはっきりと分かっていないことです。近年電子タバコは流通し始めました。
どんな物質が煙の中に含まれているのかがはっきりしないままなのです。そして、その含まれている物質が体にどんな影響を与えるのかも十分に研究がなされていないのです。
これから何年、何十年先になってみないと体への影響は分からないのが実情なのです。
最後に、電子タバコは費用も高いことがデメリットの1つです。初期費用として5000円~10000円程度かかります。そして、カートリッジも普通のタバコと変わらないのです。
健康に害が少ないということで今までよりもたくさん吸ってしまうと経済的に困窮してしまう可能性だってあるのです。機械部分が壊れてしまうと当然カートリッジがあっても吸うことはできません。耐久性の面でも不安が残ります。